春霞み
harugasum.exblog.jp

<hr /> 記。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
流されそうになる自分、くいとどまろうとする自分。どっちが勝つか
やっとネットカフェに来ることができました。
今日はナイトパックなので存分に書き込めます。

さあ…

一週間も間が開いてしまったので、正直月火のことなんてもう忘れました。
なので、この一週間にあったことを大まかにピックアップすると。

------------------------------------------------------------
水曜日、ついに理想の朝像を達成:

早めに目が覚めた朝。8時45分に家を出る。いつもどおりに京王井の頭線→JR山手線で恵比寿に到着。時間は9時10分過ぎ。バッグの中にはおなじみ日経新聞。

…機は熟した!!!

足が向かうは駅前のタリーズ、一番なじみのあるコーヒー屋といえばここだ。
OB訪問のときに先輩と話をした場所。面接の朝に時間待ちをした場所。自分の恵比寿生活は、タリーズから始まったといってもいいだろう。

店に入り「今日のコーヒー」を注文。喫煙席は満席だったのですいている禁煙席に移動。コーヒーをすすり、バッグから新聞を取り出した新聞を慣れない手つきで広げ、記事に没頭する。

えもいわれぬ感覚に包まれた、ちょっぴり眠気の残る15分間。
ちょっぴり自分が成長したような幻想にとらわれたような時間。
いまだ体験したことのない、濃密で味わいのある時間を、体験した。


結局この一週間で達成できたのはこの日一日だけだった。
ただ、来週から友達と週一回、この時間をすごすことを決めたもんね。
コーヒーを飲みながら新聞に目を走らせ、気が向いたら、会話をする。

そんな時間が、これからも本当に楽しみだ。

------------------------------------------------------------
職場が楽しくなる:

最悪の印象で始まった会社生活だが、最近ようやくリズムもつかみつつ、先輩の人間も見えてき始める。それに伴って、仕事が楽しくなる。
少しずつだが、仕事ももらえるようになる。自分が今まで築いてきた分野の仕事。
これがやりたくて入った会社だから、楽しいのは当然だね。

------------------------------------------------------------
お金のやり繰り-自転車操業:

ここにきて、ついにお金の底が見えてきた。
これはやばい。給料日はゴールデンウィーク明けだし、それまでには家賃や光熱費、電話代や新聞代の支払いがある。けれど親にはもはや頼りたくないし…
ご飯は先輩に何かとお世話になっているが、それを当てにしてはいけないし。

何とかするために、ヤフオクを利用。いらなくなったエフェクターを出品する。
デジタルカメラなんて持っていないから、携帯で取った画像をメールで送信し、パソコンで受信してから出品という手続きをとる。売値が1万3千円ぐらいだし、見た目綺麗だし、箱・付属品は完璧だし…一万円ぐらいにはなるかな?とおもっていた。
が、予想外の6千円弱で落札される。あんまり助けにならず、少々がっくりくる。
敗因をいろいろ考えてみたが、出品期間の短さ、写真の不鮮明さ、出品気の悪さと、いくつも出てきた。高値で落札されるには、それ相応の努力をしなくちゃならないのね。難しいなあ。

でも、今日は前やっていたバイトの給料日。地方銀行なので、その銀行の東京支店まで行かなければお金が引き出せない思っていたが、みずほ銀行で試してみると難なくおろせた。これでかなり楽になる。明日は生活用品と服を買います。

------------------------------------------------------------
初のタクシー帰宅:

まだ会社では仕事を任せてもらえず、先輩のアシスタント的なことをやっている。うちの部署は会社内でも1,2を争うほどの仕事の忙しさであり、わかりやすいところでいうと帰宅時間に如実に現れてくる。

俺がアシスタントをやっている先輩の仕事が重なって、今日中に案件を作らないといけないという状況が訪れた。かなり忙しそうなので、自分も張り切ってサポートをした。終電が過ぎ、先輩も心配してくれる。しかし、今俺ができる仕事といったら先輩の負担を少しだけでも軽くしてあげることだけ。多少睡眠時間が削られても、それはぜんぜんかまわない。むしろ自分の力になるし、まだ体に多少融通が利く年齢だしね。…わたし、マゾヒストかしら。
結局ひと段落着いたのが4時過ぎ。初めて、タクシーで帰宅することになった。(仕事の帰りに。酔っ払って帰るのではなく)

料金を払うときに、「領収書ください」という。

こうやっていろいろなことを体験していっています。本当に濃い時期だな。

------------------------------------------------------------

最近少し流され始めたなと思う。ここらでもう一度奮起しますかね。
人間は環境で変われるものなのかしら。
[PR]
by haru-gasumi | 2005-04-17 06:30 | 日常記