春霞み
harugasum.exblog.jp

<hr /> 記。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
特性そしてラーメン
結構、どこでも生きていけます。
「人が多すぎて眼が回る」とか
「暇すぎて退屈で~」とか
あまり気にならんとです。
日本一週とか普通にできました。
そして、もはや終電がデフォルトになりつつあるこの生活も
普通になるのでせうか。



今日は、昼飯に一風堂でラーメンを食いました。
二週間ぶりのとんこつラーメンです。
東京に来てからラーメンを食べる頻度が激減しました。

その理由は二つ。
まず、会社に入ってから、昼飯にラーメンという選択肢が
ほぼ無くなったから。
そして、東京のとんこつラーメンが酷いから。

東京でとんこつラーメンは食っちゃいけません。
びっくりしました。
こっちの人の舌や習慣にあわせたかどうかわからんけど、
・必要以上に白濁したスープ
・とんこつの出汁がやはり違う
・なぜかキクラゲ、メンマ、卵、海苔のオプション付き
・必要以上にこってり、または塩味
・麺が太い
・などなど
が東京のとんこつラーメン事情です。すべてとは言わずとも
大体当てはまるのではないでしょうか。

でもやはり、博多っ子はとんこつラーメンを欲してしまいます。
そういう時は、福岡の地元有名店の東京支店でラーメンを食います。
(一蘭、一風堂、暖暮等)
本家の味とは明らかに違いますが、ボーダーラインは超えてますので
実用に耐え得ります。

一風堂を例に挙げると、「麺が太いのにコシはそのままなので、パンチが
強すぎる」「スープの味が強烈に塩辛い」「ランチにチャーハンが無い」というデメリットがありますが、とんこつの基本となる部分はきちんと踏襲されているので、十分おいしく召し上がれます。

結論は、東京では美味いしょうゆラーメンを食いなさいってこった。
替え玉は無いけど、ボリュームがその分多めで、チャーハンやギョーザといったオプション、そして大盛りといったオーダーでカバーしましょう。

(´-`).。oO(いったい誰のための講座なんだろう)

------------------------------------------------------------
次回は、作者取材のためお休みです。
[PR]
by haru-gasumi | 2005-06-08 01:44 | 日常記